塀の塗装した表面が部分的に浮き上がり、下地までボロボロと剥がれてきていました。

調べると、あちこち同じ症状が出ていました。ほとんどは笠木のヒビから水が浸入し

剥がれや浮き上がりの原因となっていました。

 

 

ハンマーでたたきながら浮いている部分を確認し、すべてケレンして落とします

 

高圧洗浄後、ポリマーセメント系下地調整材で、ケレン部の下地を作り直します

 

下塗りフィーラーを2度塗りし、補修部を目立ちにくくし、上塗り仕上げしました

 

こちらの記事もお読みください: